看護師の給料まとめ

看護師の給料まとめ >> 看護師の給料と夜勤について

看護師の給料と夜勤について

看護師の給料は高い数値にありますが、この数値、実は夜勤による手当もかなり大きな部分を占めています。夜勤の時間帯は2交代制、3交代制でそれぞれ異なりますが、3交代制では最大月に8回の夜勤が可能になっています。

夜勤手当は各病院によって異なりますが、数千円から一万円以上、高いと三万円ということもあるようです。平均的に夜勤一回一万円くらいが多いようですね。

このように手当の額が高い夜勤手当ですので、その回数と有無により、給料はかなり異なります。実際に計算してみると、夜勤は月に4回5回こなす方が多いですので、平均値の一万くらいとしても、四万円以上給与に差がつきます。

年収ベースだと五十万円くらい給料に差がつきますよね、これってかなり大きな金額です。


ただ、夜勤はスタッフ数も少なく、コール対応緊急時の対応などかなり大変な時間帯です。

特に早朝は急変が多い時期でもありますので、きつい勤務帯といっていいでしょう。

また、夜間の時間ですので生活リズムも崩れやすいです。

体力が必要な時間帯の勤務となるでしょう。


看護師の勤務スタイルで夜勤専従という勤務スタイルもあります。

パートの看護師などにも採用されるスタイルで、夜勤のみの専門スタッフになります。

夜間帯の勤務は報酬額も大きいですので、稼ぐとしてらそういった勤務スタイルもいいかもしれませんね。


どちらにしても、夜勤は看護師の給料において大きな部分を占めますので、給料をより稼ぎたい場合は外せない要素になりそうです。