看護師の給料まとめ

看護師の給料まとめ >> クリニックの看護師の給料

クリニックの看護師の給料

看護師の給料について、クリニックではその病院規模から給料は大きな病院と比較して、低い傾向になります。実際の企業規模では10人から99人の規模では年収435万、100人以上のスタッフ規模の病院は469万円という数値が出ています。

ただし、これは大きな病院では夜勤があるなど収入源としての差もでてくるようです。

とはいえ、企業規模が大きいほど収入は多く、人件費に資金を使えるのは確かですので、クリニックは基本給の段階からやや低めとなります。


そういった給料面で差がでるクリニックですが、利点も多くあります。

まずクリニックでは、その小規模故に人間関係が良好な場合が多いです。逆に大きな病院はスタッフが多く人間関係が複雑です。

また、総合病院は科も複数ありますので異動の機会もありますね。

それに、内部研修など勉強会の機会も多いです。その為、プライベートな時間が減ることもあります。スキルアップや仕事に集中したい人には良い環境ですが、それ以外の人には負担かもしれませんね。


クリニックでは、科も限定されますので、異動はなくその科に集中することができます。

日中の勤務も多く、生活リズムが立てやすいというのも特徴になります。

3交代シフトは大変という理由でクリニックに行く人も多いようです。


給料面では低いクリニックですが、その分のメリットがどのくらい本人の中で加算されるか、そのあたりがポイントとなりそうですね。

実際自分の生活スタイルに合っているかは重要です。

長く安定して働ける職場であるかどうか、そこが重要ですよ。