看護師の給料まとめ

看護師の給料まとめ >> 50代の看護師の給料

50代の看護師の給料

看護師の給料について、50代ではどうでしょうか?

50代となると、体力は40代より衰えが出てきます。看護師の給料の付加部分として夜勤がありますが、中々多くの夜勤は入れられなくなってくるでしょう。

その為、50代ではより給料面より、勤務環境など待遇面での改善を求める人が多くなっています。やはりその時の自分に合った職場が一番ということでしょうね。


ちなみに給料の参考数値ですが、一般職の50代の平均年収は412万円、女性のみに絞れば269万円という結果、男女共に50代前半より後半の方が低くなっています。

給料は50代前半までが最も高く、それ以降は下がる傾向にあるようですね。


看護師でも同様のことが言えます。

ただし、例外として公立の病院を選択した場合、給料の規定が地方公務員になる場合があります。その場合勤務した年数に応じて定年まで給料は上がっていきます。

就職時はそういった給料の規定も確認するといいと思います。

また、看護師長など役職を持った場合も高い給料が期待出来ますね。


看護師は転職が多い職業とよく言われますが、待遇が良い病院では長く勤務する人も多いのが実情です。長く落ち着いて勤務していきたい場合は、就業規則など確認してから職に就いた方がいいのです。

また、看護師は転職する場合、その需要の多さからサポートする支援サイトも充実しています。50代になり生活環境が変化したり、無理がきかなくなったり、働きやすい職場に転職したい場合は、そういった支援サイトのサポートを受けるのもいいと思います。