看護師の給料まとめ

看護師の給料まとめ >> 40代の看護師の給料

40代の看護師の給料

看護師の給料は基本的に高いものと言われますが、40代ではどうでしょうか?

40代というと、他の一般職でも役職などが付きやすい年代でもあります。平成22年度の高税庁の調査では40代の平均年収は412万円となっています。

ただしこの値は男女の平均値で男女にはかなりの差が確認できます。

男性のみでは平均年収は604万円、女性は283万円となっています。


比較して看護師の40代での給料はというと、平均値は530万円ほどと言われています。一般の女性と比較してかなり高い位置にいますね。

また、その中で40代になると主任など役職が付き、まとめの立場となる看護師も多くいますので、より給料は高い看護師もいます。

その為、40代の看護師は他職種と同様、給料の額の差も大きく出る年代でもあります。


ですが、これは単純にスキルアップを重ねてきた場合の例です。

40代では家庭を持つ看護師も多く、働き方自体に制限が加わります。

子供がいれば生活スタイルは限定されますし、他の要因もありますね。

何の為に働くかと言うと、やはり生活の為という場合が大半ですので、やはり仕事より生活は重視されます。

それに40代というと、無理がきかなくなる年齢でもありますので、体力的な問題もあるでしょう。


その為、40代の看護師では給料以外の要素も重視されます。

実際体力の衰えもありますし、毎月夜勤を多くいれるのもきついですよね。

40代では給料以外に働きやすいか、生活スタイルに合っているか、ここが重要になってきそうです。